魅力が見直されている木造住宅を沖縄で建てる際に注意すべき事とは?

ソファと観葉植物

耐震性の低い古い木造住宅は耐震改修工事を

電卓と家

阪神・淡路大震災や東日本大震災などで、日本では度々大地震に見舞われますので、木造住宅の耐震性が気になるところです。日本では、1981年に古い耐震基準から新しい耐震基準へと見直しされました。古い耐震基準で建てられた建物は、中地震には耐えますが、大地震については不安視されています。新しい耐震基準であれば、震度6強以上の大地震でも耐えるほどの耐震性を持っています。
もし、お住まいの木造住宅やこれから購入を検討している中古木造住宅が古い耐震基準で建てられたものでしたら、耐震改修工事を行いたいところです。耐震改修工事は、まずは耐震診断を受ける事から始まります。専門家による耐震診断ですので、信頼性が高いです。ここで問題が発見されましたら、耐震改修計画が立てられます。
その計画に基づいた耐震改修設計を行い、耐震改修費用の見積もりを出します。見積もりに納得出来たら契約、耐震改修工事が行われます。一般的な木造住宅の場合、耐震改修費用の相場は100万円から150万円と言われています。地方公共団体によっては助成制度がご用意されています。条件を満たす事が必要ですが、所得税や固定資産税の減税を受ける事も可能です。古い建物で傷みが見られる時はリフォーム工事も併せて行うと、余計な手間が掛からないです。

RECENT ENTRY

赤い屋根の家

木造住宅で注意すべき事とは?

木造住宅はしっかりしており、昔から地震の時も倒れにくいと評判です。それに通気性も良く、夏は涼しく冬は保温効果も高く暖かいというのが木造住宅の魅力の1つでも…

» READ

電卓と家

耐震性の低い古い木造住宅は耐震改修工事を

阪神・淡路大震災や東日本大震災などで、日本では度々大地震に見舞われますので、木造住宅の耐震性が気になるところです。日本では、1981年に古い耐震基準から新…

» READ

一軒家

木造住宅の建築工法採用基準

住宅をたてるとき、まず皆さんが考えるのは木造住宅を考えるとおもいます。木造住宅がこれだけ普及しているのは日本における伝統的な歴史があること、そしてコストが…

» READ

リビング

多くのメリットがある木造住宅

日本は森林資源が豊富なので、木造住宅が多いというのも特徴の一つでした。日本は自然が多く、四季の豊かなので、木造住宅が合っていると考えている人もたくさんいる…

» READ